ゼンブヌードル×評判

ゼンブヌードルはまずいのか検証!実食したリアルな感想を紹介

糖質も抑えて栄養価も高いパスタ麺のゼンブヌードル。
気になるがその味ではないでしょうか。

ゼンブヌードルはまずい?
ゼンブヌードルの味が知りたい!
このような疑問にお答えします。

ゼンブヌードルの味は決してまずくはないでしょう。
まずいと感じるのは通常のパスタと比べているからです。

ゼンブヌードルはゼンブヌードルの味があります。
今回の記事では実際に食べた感想とゼンブヌードルの味の秘密に迫りタイと思います。
合わせて、レシピなども紹介します。

ゼンブヌードルの味がまずいのではないかと気になる方は参考にしてください。

結論:ゼンブヌードルはまずくない

全部ヌードルの味はまずくはないです。
実際に食べた感想として従来のパスタと全く同じとは言いませんが全部ヌードル特有の味として美味しいです。

つまり、パスタの料理にもペペロンチーノの味やカルボナーラの味があるように、パスタの麺自体にもそれぞれの味があります。

全部ヌードルの原料が黃えんどう豆なので大豆のような味はします。
その大豆の味や食感が非常にいいです。

また、全部ヌードルのパスタの麺が大豆の味がすると言っても前面に押し出しているわけではありません。
調理すればその料理の味を邪魔するほどでもありません。

全部ヌードルは決してまずくはないでしょう。

ゼンブヌードルの評価

食感

食感はいいです。

パスタの食感を忠実に再現
理由としてパスタの食感を忠実に再現するために開発されています。

増粘剤などの体に影響のあるものは使用せずに食感を再現するために費やした開発期間は3年。

全部ヌードルは野菜の皮などを使用しているため、食感も良く栄養価が高いのが他のパスタと大きく違うところです。

栄養価も高く、本物のパスタとほとんど変わらないのは全部ヌードルぐらいではないでしょうか。

全部ヌードルの食感はいいです。

全部ヌードルは味がいいと言えるでしょう。

原料が黄えんどう豆なので確かに麺自体は大豆のような味がするのは事実。

しかし、全部ヌードルの麺は調理してしまえばそこまで気になるほどではないでしょう。

その証拠に黃えんどう豆は世界中の料理で使用されています。
・スウェーデン
・ギリシャ
・インド
・イラン
・中国
参考:公式サイト

これほど世界で調理されている原料なので味を強く主張するものではないでしょう。

実際に黃えんどう豆自体も美味しい食べ物です。
全部ヌードルの味は美味しいと言えるでしょう。

他の料理との相性

セーブヌードルは他の料理とのも相性がいいです。

実際に全部ヌードル公式サイトからから様々な料理のレシピが掲載されています。
公式サイト
サラダ、ラーメン、そばなどに使用されており、他の料理とも相性がいいといえるでしょう。

ゼンブヌードルは栄養価も高く、なおかつ、糖質オフで他の料理とも相性がいい万能なパスタ麺です。

ゼンブヌードルがまずいと言われる理由

全部ヌードルがまずいと言われる理由を解説します。

全部ヌードルは味がいいと言ってもやはり反対意見もあります。
ゼンブヌードルでまずいと言われる意見
・麺がボソッとする
・黄えんどう豆が苦手

それぞれの理由を詳しく解説します。

理由①麺がボソッとする

ゼンブヌードルがまずいと言われる理由であるのが、麺がボソッとすることです。

麺がボソッとする理由としてはゼンブヌードルは体への影響を考えて、粘りを持たせる、増粘剤などを使用していません。

なおかつ、原料も黄えんどう豆のため、従来のパスタのような食感を完璧に再現するのは難しいでしょう。

しかし、従来のパスタをほとんど変わらないくらいまでに食感は近いのが感想です。
調理方法によっても食感は変わってきます。

ゼンブヌードルがまずいと言われる理由に麺がボソッとすることが挙げれます。

理由②黄えんどう豆の味が苦手

ゼンブヌードルがまずいと言われる理由に黄えんどう豆が苦手なことが挙げれます。

黄えんどう豆の味が苦手なのはこれは個人で変わってくるとしか言いようがないのが事実。

人それぞれに好き嫌いがあるように、黄えんどう豆が苦手な人もいます。
黄えんどう豆が苦手なかたは料理方法によって、おいしくできることもできます。

次の章でまずいと感じた時の調理方法を解説します。

まずいと感じた時の調理法

ゼンブヌードルがまずいと感じた時の調理方法を紹介します。

おすすめの調理方法は以下
・焼きそば
・ラーメン

それぞれ詳しく解説します。

焼きそばにしてみる

ゼンブヌードルがまずいと感じた時は焼きそばにしてみることをおすすめします。

焼きそばの料理自体がソースの味が強く、いい意味でも麺本来の味を薄くしてくれる料理です。

実際に焼きそばにして食べてみましたが非常においしかったです。

そのため、ゼンブヌードルの原料の黄えんどう豆の味の特徴がやわらぎます。

また、ゼンブヌードルも味にクセがそこまであるわけではないため、しっかり焼きそばの味になってくれるでしょう。

ゼンブヌードルの麺の味が気になるかたは焼きそばにしてみることをおすすめします。

ゼンブヌードルの焼きそばのレシピはこちら!

ラーメンにしてみる

ゼンブヌードルの味が気になるかたにおすすめのレシピはラーメンです。
ラーメンも味付けしっかりとした料理です。

そのため、ゼンブヌードルの麺の味をやわらいで、味付けしてくれます。

実際にラーメンにして食べても非常にコクがありおいしいです。
ゼンブヌードルの麺自体の味の主張はありません。

レシピもそこまで難しいことはなく、スープを作ってしまえば、後は麺を入れるだけです。

ゼンブヌードルのラーメンのレシピ

ゼンブヌードルはまずいのまとめ

ゼンブヌードルはまずいパスタ麺ではありません。
もし、まずいと感じるのなら、原料の大豆の味がそもそも合わない、通常のパスタと比べてすぎていることでしょう。

ゼンブヌードルは確かにパスタ麺ですが通常のものとはまた、別物で考えるといいです。
同じ食べ物でも味によって種類があるようにゼンブヌードルもパスタの黄えんどう豆味を考えるとまた、違った捉え方をできるのではないでしょうか。

栄養素も豊富で糖質オフ、さらに色々な料理に合わせることができるゼンブヌードルはまずくはなく、むしろ、非常においしいパスタでしょう。