ゼンブヌードル×栄養素

ゼンブヌードルはダイエットに効果があるのか検証!痩せることはある?

ゼンブヌードルは糖質が気にならないパスタです。
そのゼンブヌードルはダイエットに効果があるのか気になるのではないでしょうか。

ゼンブヌードルはダイエットに効果はあります。
理由としてゼンブヌードルは糖質や食物繊維などダイエットに効果があるカロリーや栄養素だからです。

そこで今回の記事ではゼンブヌードルがダイエットに効果がある理由と成分表などを紹介します。

現在、ダイエット食品としてゼンブヌードルを考えている方は参考にしてください。

ゼンブヌードルにダイエット効果はあり

ゼンブヌードルはダイエットに効果があります。
理由として、ゼンブヌードルはパスタでありながら糖質などを押さえた栄養素となっています。

そのため、太る原因とされている炭水化物を抑えながら食べることができるため、ダイエットも期待できるでしょう。

また、カロリーも抑えめなので、その点でもダイエット効果があります。

ゼンブヌードルはダイエットに効果が期待できます。

ダイエットに効果がある6つの理由

ゼンブヌードルがダイエットに効果がある6つの理由を解説します。
①炭水化物が少ない
②低GI値で血糖値が上がりにくい
③原材料が豆だから
④食物繊維が豊富<
⑤麺で主食で食べれる
⑥野菜の芯や皮も入っている

ゼンブヌードルがダイエットに効果がある理由をそれぞれ詳しく解説します。

理由①炭水化物が少ない

ゼンブヌードルがダイエットに効果がある理由として、炭水化物が少ないことがあげられます。

ゼンブヌードルの原料は黃えんどう豆です。
大豆類自体が炭水化物が抑えられており、ダイエットにも効果があると言われています。

本来のパスタであれば、原料は小麦粉となり、炭水化物が多い傾向。
実際に私自身、通常のパスタを取りすぎて体重が増えた経験もあります。

しかし、大豆類は炭水化物が少ないため、ダイエット効果が期待できます。

理由②低GI値で血糖値が上がりにくい

ゼンブヌードルがダイエットに効果がある理由として低GI値であるためです。

GI値は血糖値の上昇指数です。
血糖値が急上昇すると、下げるためにインスリンというホルモンが分泌されます。

このインスリンというホルモンは、血糖値のブドウ糖などを脂肪に溜め込みます。

GI 値が高いと、このインスリンというホルモンが大量に分泌されて脂肪を増やしやすいです。
逆に GI 値が低いと血糖値の上昇は緩やかなため、インスリンの分泌はそこまで行われません。

ゼンブヌードルのGI値は47。
GI値の基準として55以下は低GI値とされています。

ゼンブヌードルはこのGI 値が低いため、脂肪を溜め込みにくい。
つまり、太りにくいためダイエットにも効果があると言えます。

ゼンブヌードルがダイエットに効果がある理由として、GI値が低いことがあげられます。

理由③原材料が豆だから

ゼンブヌードルがダイエットに効果がある理由として、原材料が豆であることがあげられます。

豆類は摂取して消化されるまで時間がかかります。
また、豆類に多く含まれている。食物繊維は水を含めと膨らむ作用があります。
そのため、豆類を食べると満腹感が続く効果があります。

ゼンブヌードルの原料は黃えんどう豆のため、このような豆類の効果が期待できます。

食べた後の満腹感が持続するため、余計にご飯を食べることも少なくなります。

このような理由からゼンブヌードルはダイエットの効果があると言えるでしょう。

理由④食物繊維が豊富

ゼンブヌードルにダイエット効果が期待できる理由として
食物繊維が豊富なことがあげられます。

食物繊維は腸内環境を整えて便通を良くする効果があります。
そのため、食べ物を体内に溜め込みにくく、余計な脂肪がつきにくい効果があります。

食物繊維が豊富な理由として、ゼンブヌードルの原材料が豆であることがあげられます。
豆自体に食物繊維が豊富に含まれているため、ゼンブヌードルにもそのような効果が現れます。

通常のパスタであれば、原材料が小麦粉のため、このような効果は期待できないでしょう。

ゼンブヌードルの原材料が豆であるからこそ食物繊維が含まれている理由です。

理由⑤主食で食べれる

セーブヌードルはダイエットに効果がある理由として、主食で食べれることがあげられます。

ゼンブヌードルはパスタとして食べることができます。
そのため、料理の主食として扱うことが可能。

主食の料理はご飯やパスタで大体、炭水化物などが多く含まれています。
炭水化物が原因で太ることもよくあること。

しかし、ごはんやパスタを食べないとなると主食が取れません。
そうなると必然的に炭水化物を多く摂る状況ができてしまいます。

ヌードルであれば、主食のパスタとして食べることができるため、炭水化物も少なく済ませることができます。

ゼンブヌードルを主食で取ることでダイエットの効果が期待できます。

理由⑥野菜の芯や皮も入っている

ゼンブヌードルには野菜の芯や革も入っています。
野菜の芯や皮には食物繊維が豊富に入っています。

先程も説明した通り、食物繊維には腸内環境を良くして、便通をよくする働きがあります。

腸内環境がよくなり、便通がよくなると余計なものが体に溜まりにくくなり、新陳代謝がよくなります。

体に余計なものが溜まりにくくなれば、脂肪なども蓄積せずに太りにくいです。

ゼンブヌードルがダイエットに効果がある理由として、野菜の芯や皮が入っており、食物繊維が豊富なことが挙げられます。

ゼンブヌードルの成分表とカロリー

ゼンブヌードルの成分表などを紹介します。
入っている野菜
・ビーツ
・コーン
・パプリカ
・かぼちゃ
・枝豆
・えんどう豆

他のパスタと違う栄養素としては食物繊維とポリフェノールが入っています。

食物繊維は第六の栄養素と言われており、人間にも欠かせない栄養です。
腸内環境を整えてすっきり感を促します。

ゼンブヌードルに入っている食物繊維は9.8~14.2g。
食物繊維の摂取量の目安は男性は20g、女性は18gです。

ゼンブヌードル1食食べるだけで、1日の摂取量の半分以上を取ることができます。

ポリフェノールはコーヒーやお茶、野菜や果物にも多く含まれています。
脳機能などに効果があり、ボケ防止やアルツハイマーなどに効果があると言われております。

食物繊維やポリフェノールなどの効果は通常のパスタではあり得ない、栄養素と効果をもたらします。

ダイエット中には炭水化物などが気になり、なかなか食べにくいパスタを食せるだけでなく、普段取りにくい栄養素までゼンブヌードルは取得できます。

まさに一石二鳥と呼べる食べ物です。
ダイエットをしたいけど、栄養はきちんと取りたい方にゼンブヌードルはおすすめです。